積極的に行動すべし

積極的に

お恥ずかしい話、私にはほとんど友達がいません。それは学生時代も同様で、片手で数える程度しかいなかったと記憶しています。
仕事に打ち込んでいる間は、それが気になることはありませんでした。しかし、そんな私も40代。ふと振り返ると、自分の生き様がとても無様に思えたのです。
思えば、私は常に消極的で・・・誰かと親しくなる努力をした覚えがありませんでした。ひとりは寂しいと知りながら、改善する努力をしなかったのです。
そのことに気付いた私はまず、職場の人間と距離を縮める努力をしました。はじめに感じたのは、自分をさらけ出すことへの羞恥心ですね。40過ぎの男が、羞恥に悶えつつ友達作り・・・傍から見ればピエロにも映ったことでしょう。
しかし努力の甲斐あり、職場の人間と改めて良い関係を築くことが出来ました。次なる目標は、異性友達です。
とはいえ、職場は同性ばかり。私は思い切って『出会い系サイト』に挑戦することを決めました。
恋人とか、結婚とか。そういった固い関係は求めていません。時折メールを交わし、都合が合えば食事を共にする・・・その程度の関係で十分です。
いまは某出会い系サイトで、4人の女性とメール交換をするまでになりました。うち一人は私と同じ市内在住で、近々食事をする予定になっています。
みなさん、人生は―取り分け人間関係は積極性が大切です。私はこのことに気づいてから、実に人生が豊かになりました。

出会いが欲しいのは女性も同じ

女性も同じ

出会い系サイトを利用する女性が増えています。大半の出会い系サイトは男性9:女性1という比率ですが、なかには男性3:女性7という女性中心にまわっている出会い系サイトもあります。
どのような出会いを目的とするかは、女性ごとに異なります。週末のスケジュールを埋めたい―少しだけ遊びたい―という女性もいれば、それこそ生涯を共にしたい―結婚相手が欲しい―という女性もいます。
とはいえ、女性にとって出会い系サイトは『最終手段』。生活圏内に出会いがないと実感し、はじめて利用する女性が殆どで、「出会いが欲しい!→じゃあ出会い系サイトだ!」という短絡的な女性はいないようです。
あなたが男性であるなら、この事を覚えておくとよいでしょう。体験談に掲載されているような、積極的で淫らな女性は仮想の存在でしかないのです。
つまるところ、出会い系サイトの女性も、生活圏内の女性も、攻略方法は大差ありません。ゆっくりと時間を掛けた―信頼をものにする―攻略が大切になります。出会い系サイトで得られるのは『切っ掛け』のみであり、『早急な出会い』ではないことを忘れてはいけません。

メル友から発展させる

発展させる

交際に至るまでの過程は、カップルごとに異なります。正当な順序―告白から―始まる交際もあれば、気がつけばこうなっていたという交際もあるわけです。
現代だと、メール友達から発展するカップルが多いと感じます。気軽な交流だからこそ、本音をぶつけ合うことが容易ですからね。また文字での交流は、意外なほど人間性が表れます。そのため通常の交際―外見から異性を選ぶ―よりも、長期的なものを期待できます。
メール友達の探し方は、これまた各々異なります。すでにSNS系サービスを利用していれば其処で探せますし、流行の出会い系サイトを利用してもいいでしょう。
後者―出会い系サイトを利用する場合は、悪徳業者にご注意ください。登録前には必ず『利用規約』に目を通し、怪しい点がないか探りましょう。また、出会い系サイトの情報をまとめた『情報サイト』『口コミ・レビューサイト』の活用もお勧めです。
有料タイプの出会い系サイトを利用する場合は、長期戦を見据え『定額制』を選択すると良いかもしれません。
実のところ、出会い系サイトを通じた交流の殆どは『サイト経由』で行われており、相手のメールアドレスを知ることは出来ません。そのため出会い系サイトで“本当の(サイトを経由しない)”メール友達を得るためには、相手から信頼を獲得し、メールアドレスを教えてもらう必要があるのです。
信頼の獲得には時間が必須です。急がず、焦らず、腰を据えた交流を基本に楽しみましょう。そうすればきっと、女性はメールアドレスを教えてくれるはずです。

まずは無料サイトを楽しもう

楽しもう

ご存じの通り、出会い系サイトには『有料』と『無料』の2タイプがあります。
初心者は「お金を取っている分、有料サイトのほうがしっかりしていそう」「有料サイトのほうが出会い易いのでは?」―と思いがちですが、必ずしもこの限りではありません。
無料サイトでも十分に楽しめるので、まずは無料サイトを試してみましょう。無料サイトはその名の通り、登録〜利用〜退会まで全てが0円です。最近では、無料ながら『着メロ・デコ』『コミック』『ゲーム』といったサブコンテンツが充実しているところも多いので、出会い探しだけでなく暇つぶしも可能です。
但し、無料サイトを利用する場合は下記に注意して下さい。
◎同時登録
サイトAに登録を行うと、サイトBへ“勝手に登録”されることを指します。サイトAは無料でも、サイトBは有料・・・という場合は、利用意思に関係なく料金が請求されます。もちろん、契約法に触れるので無視して構いません。しつこい場合は、然るべき機関に相談しましょう。
◎サクラ
基本的に、あなたにとって“都合が良い”条件を持った異性会員はサクラと疑って下さい。返信すればサクラの思うつぼなので、徹底して無視して下さい。
この2点に注意しつつ、積極的に異性会員へアピールしましょう。出会い系サイトは、受け身では何の結果も生まれませんよ。

既婚者だって遊びたい!出会い系サイトの裏側

裏側

出会い系サイトで遊んでいるのは、気楽な独身者だけではありません。伴侶と不仲・倦怠期・その他モロモロ・・・既婚者もまた、出会い系サイトで新しい刺激を探しているのです。
私が知り合った女性も、そんな1人でした。籍を入れずに出産した=シングルマザーであるため、厳密には既婚者と呼びませんが。とにかくまあ、知り合った女性は“普通”の独身女性ではなかったわけです。
メール交換も順調に進んでいたある日。彼女から「必ず読んでください」なる件名のメールが届きました。これまで届いたメールは漏れなく開封し、返信をしていたのに何故??と思いながらも、私はメールを開封しました。
『子供は好きですか?それとも、うるさいだけの邪魔者だと思いますか?もし後者であるなら、このメールで終わりにしましょう。私は3歳児を抱えるシングルマザーです。ずっと黙っていて御免なさい』
彼女のことをOLだと思い込んでいた私は、強い衝撃を受けました。しかし同時に、秘め事を告白してくれた彼女に安心感を覚えたのです。
『子供は好きですし、接することにストレスを感じることもありません。なので、終わりだなんて悲しいことを言わないでください』
私は、こう返信しました。
いま私たちは、私・彼女・彼女のお子さんの3人で交流を行っています。傍から見れば、親子に見えるかもしれませんね。最終的にどういう形に落ち着くか、それはまだわかりません。いまはただ、この幸せな時間をかみしめるばかりです。

Copyright(c) 2013 優良出会い系サイトランキング All Rights Reserved.